2007年05月06日

初心者ならまずネットゲームでFXを見極めよう

「セントラル短資オンライントレードFX1」は、インターネット取引で
仮想マネー500万円をどれだけ増やせるかを競う為替ゲーム。
一定期間内にもっとも運用資産を増やした順に
順位が決まるシンプルなルールです。
外為バーチャルトレード選手権FX1で上位入賞者に
豪華賞品プレゼント。
初心者にはやさしく分かりやすいサイトです。

バーチャルFXサイト
セントラル短資オンライントレードFX1

こちらもバーチャルFXゲームサイトです。
FXカフェ/NetForexダービーFX

FX1での投資過程をブログで紹介します
バーチャルFX外貨投資
FX用語解説は非常に便利♪
賞品は豪華なのでゲットしたいです。

ネットで稼ぐサイト掲載
サラリーマンのお小遣い
無料で賞金、賞品ゲットしよう
お金の当たるブログパーツ掲載中
お小遣いブログ

無料でアクセスアップ
毎日1.000アクセス以上ゲット中♪

FX用語 スワップポイントとは・・・『スワップポイント』とは何なのでしょう。外国為替は2つの違う通貨の交換です。通貨が違えば金利が違います。
金利の高い通貨を金利の低い通貨に対して、買い持ちにしたとき『スワップポイント』を受け取ることができます。
金利の絶対値ではなく、2つの通貨の金利の差が『スワップポイント』なのです。
ポンド円を例にご説明しましょう。

例(ポンド円)
ポンドの運用金利(預けた時の金利) → 4.3%(年利)
円の調達金利(借りる時の金利) → 0.05%(年利)
レート204円のポンド円(買い持ち) → 10,000ポンド

上記の例(ポンド円)の場合に、冒頭の図(ポンド円のスワップポイント受け取り例)の受け取りが発生します。
簡単にご説明しましょう。

ポンド円を10000ポンド買い持ちして一日経つと、それぞれの通貨に金利がつきます。
ポンドを一日運用すると、£10,000×4.3%÷360日で1.19ポンド金利の受け取りがあります。これを円貨に直すと1.19×204=¥242.8になります。
一方円を一日借りると、¥2,040,000×0.05%÷360日で2.8円の金利を支払わねばなりません。
ポンドで受け取った242.8円から、円で支払った2.8円を引いた240円が『スワップポイント』になります。

この『スワップポイント』は、ポンド又は円の金利が変化したときに増減します。また、上の例で言うと受け取る金利がポンドですので、ポンドの対円レートが上下すればやはり増減することになります。
この仕組みがFXで稼ぐ魅力でもあります。
posted by 薬師寺 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット収入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40918438
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。